有料動画サイトの架空請求詐欺で悪用されるamazonギフト券

アマゾンギフトカード架空請求詐欺

 

コンビニに行くと色とりどりの電子マネーが並んでおり、日本全国どこにいても近くのコンビニで電子マネーを購入することができるようになりました。

 

コンビニだけではなく大型家電量販店やドラッグストアなど多くの店舗で手軽に購入することができるamazonギフト券などの電子マネーは多数の方が利用しています。

 

ただ最近になり電子マネー売り場にはこのような電子マネーやプリペイドカードに関する詐欺に対しての注意書きを見かけるようになりました。

 

実は近年のアダルトサイトや有料動画サイトの架空請求詐欺では現金ではなくコンビニなどで購入できるカードタイプの電子マネーが利用されているのです。

 

このような詐欺の手口としてはコンビニでamazonギフト券を購入しギフト券番号を伝える方法での利用料の請求が急増しています。

 

amazonギフト券などのカードタイプの電子マネーはカード自体に金銭的な価値はなく、カードの裏面にあるスクラッチを削ったところにあるギフト券番号に価値があるのです。

 

そして詐欺グループは被害者からこのギフト券番号の部分をメールやFAXで送らせることによって電子マネーを騙し取っています。

 

しかしながら詐欺グループも電子マネーが欲しくて詐欺をしているのではなく、騙し取った電子マネーは現金化されているのです。

 

ではどのように電子マネーを現金化するのかといいますと、amazonギフト券の場合では買取業者に申し込み換金しているのです。

 

そんな有料動画サイトの利用料として騙し取ったamazonギフト券を換金していた買取業者が逮捕されました。

 

amazonギフト券買取サイト「amachan」運営者が逮捕

アマゾンギフト買取amachan

 

詐欺被害のamazonギフトカード現金化=被害総額12億円超
特殊詐欺事件でだまし取られた電子ギフト券を換金したとして、警視庁捜査2課などは6日までに、詐欺容疑で、換金業守屋大志容疑者(32)=東京都調布市八雲台=を逮捕した。

 

 「買い取りはしたが、詐欺のことはよく分からない」と容疑を否認しているという。

 

 守屋容疑者は闇サイト「amachan(アマチャン)」を通じて複数の詐欺グループから電子ギフト券のID番号を買い取っていたとみられ、過去2年間で約12億8000万円分を換金していたという。

 

 逮捕容疑は1月中旬~2月上旬ごろ、有料動画サイトの利用料名目で、静岡市の30代女性から約150万円相当の電子ギフト券をだまし取った疑い。

 

 同課によると、守屋容疑者は電子ギフト券のIDを買い取っていたとされる。同課は、買い取った電子ギフト券を現金化していた手口や、仲間がいないかなどを調べている。

 

現在、インターネット上には相当な数のamazonギフト券買取サイトがありますが、なぜその中でamachanを運営していた守屋大志容疑者だけが逮捕されたのでしょうか?

 

一般的な中古の金券を売買することを業務としている金券ショップというのは公安委員会による古物商の営業許可を取得する必要がありますが、amazonギフト券などの電子マネーの売買には古物商の許可は必要ありません。

 

したがってamazonギフト券の買取を誰が行っていても違法性はありませんが、amachanは違法と判断され逮捕されました。

 

インターネットで「amazonギフト券 換金」と検索しますと多くの買取サイトが検索結果に表示されます。

 

そこに詐欺によって騙し取られたamazonギフト券を換金した場合、買い取った業者は逮捕されるかといいますと、おそらく摘発されることはないでしょう。

 

ではなぜamachanはamazonギフト券の換金で逮捕されたのでしょうか?

その理由はamachanは詐欺のamazonギフト券だけを専門に換金しており、詐欺が現金化するための買取業者だったからです。

 

普通のamazonギフト券買取サイトは検索すれば探すことはできますが、amachanは通常の検索では見つけることができないようになっており詐欺グループだけが閲覧できる闇サイトだったのです。

 

したがってamachanを運営していた守屋大志容疑者は詐欺グループの現金化役として逮捕されたことになります。

 

そのため本人は「買い取りはしたが、詐欺のことはよく分からない」という供述をし共犯ではない意思を示しておりますが、おそらく詐欺グループと合意に上でamazonギフト券を換金しており無罪となることはないでしょう。

通常のamazonギフト券の買取サイトは違法性はありません

アマゾンギフト買取は安心

 

「amazonギフトカード現金化業者逮捕!」という見出しを見ると、まるでクレジットカードのショッピング枠現金化業者が摘発されたように感じるのではないでしょうか?

 

しかも圧倒的に貸金業違反よりも悪質な詐欺容疑

 

では本当にamazonギフト券の買取業者は詐欺グループに加担しているのかといいますと、そうではなくこの逮捕されたamachanは詐欺を専門にamazonギフト券を換金していたのです。

 

したがって大半の買取業者は詐欺によるamazonギフト券は取り扱っておらず、問題のありそうな利用者やトラブルになりそうな方の利用はできません。

 

一般的なamazonギフト券の買取業者では身分証明書による本人確認が必ず行われます。

 

そのためどこで購入したギフト券かを確認することはありませんが、身分証明書を提示できない不審な方は利用できません。

 

しかし最近ではこのような詐欺被害が多発しており、一部の買取業者ではカードタイプの取り扱いを中止しているところもあります。

 

このように買取業者側でも詐欺によるamazonギフト券には警戒を強めておりますので、一般の利用者には安全に換金することができます。