特殊詐欺によって詐取されるようになったamazonギフト券

アマゾンギフト券を騙し取る詐欺

 

他人を欺きお金を騙し取る「詐欺」という犯罪はいつの時代にもさまざまな手口によって行われ続けています。

 

数年前からオレオレ詐欺や還付金詐欺などの特殊詐欺が横行しており社会問題となっていることはいうまでもありません。

 

そしてアダルトサイトなどの会員登録料金を不当に請求する架空請求詐欺が現在の主流となりつつありますが、その手口はこれまでの詐欺とは異なる方法で行われるようになりました。

 

これまでの詐欺の共通点としては「お金を銀行口座に振り込ませる」ことが最終的な目的であり、そこに行き着くために息子になりすましたり、警察になりすます手口で誘導しているのです。

 

しかし最近の詐欺はお金を振り込みすることのない手口が主流となりつつあります。

 

ではどのような方法で詐欺が行われているのかといいますと、コンビニなどで販売されているカードタイプの電子マネーやギフト券を購入させ、カードに記載されているギフト番号をメールなどで送らせる手口です。

 

これはどういうことかといいますと、amazonギフト券などの電子マネーの特徴として店頭で販売されているカード自体に価値があるわけではありません。

 

ギフト券としての価値があるのはカードに記載されているギフト番号であり、このギフト番号をメールで送ることによってギフト券の権利を取得することができるのです。

 

したがって現金で購入した電子マネーのギフト番号を送ることによってギフト券の価値は奪われてしまうことになります。

 

最近の詐欺の手口としてはアダルトサイトの登録料や閲覧料金と称し、コンビニで販売されているamazonギフト券などで支払うよう請求されるのです。

 

そして購入したギフト番号を送ることによって支払いが行われ詐欺の被害者となります。

 

実はこのamazonギフト券等の電子マネーによる詐欺は詐欺グループにとっては現金振込みさせるよりも効果的な方法なのです。

 

  • メールだけで送ることができるので手続きが容易
  • メールアドレスに送られてくるので匿名性が高い
  • 短時間で詐取することが可能
  • 受け子や出し子は不要
  • オンラインで現金化することができる

といった点が詐欺グループにとってのメリットといえるでしょう。

 

そのためこの電子マネーを騙し取る詐欺が増加傾向にあるのです。

 

騙し取られたamazonギフト券は現金化されている

電子マネーの現金化方法

 

amazonギフト券は発行元のAmazonサイトではお金としての価値があり、買い物の支払いに使用することができますが、「お金」ではありません。

 

詐欺グループとしてもamazonギフト券が必要なのではなく、現金の代わりにamazonギフト券を詐取しています。

 

そのため被害者から騙し取ったamazonギフト券を現金化・資金洗浄を行っているのです。

 

盗品を質屋などで換金するのと同じで詐取したamazonギフト券を現金化することによって捜査の手がかりが極端に少なくなります。

 

ではamazonギフト券はどこで現金化されているのかといいますと、WEB上に多数存在するamazonギフト券の買取専門サイトなのです。

 

amazonギフト券買取サイトでは身分証明書による本人確認の手続きはありますが、どのような方法で入手したギフト券かを問われることはありません。

 

そして使用可能なギフト券であれば問題なく買取ができます。

 

そのため詐欺グループは騙し取ったamazonギフト券を買取業者で現金化しているのです。

 

実はamazonギフト券などの電子マネーやデジタルギフトの売買に関する法律というのは現行法では整っていません。

 

なぜなら売買取引されるamazonギフト券はギフト番号と呼ばれる英数字で構成される文字であって物質的な存在はないため普通の商品券のように古物営業法には該当しないのです。

 

したがって電子マネーを売買する法律はないため本人確認すらも義務付けられてはいません。

 

そのためamazonギフト券の売買は今後も特殊詐欺などの犯罪の温床となる可能性もあるのです。

 

amazonギフト券などの電子マネーは架空請求詐欺によって騙し取られ、それを買取業者によって現金化されるサイクルが完成しつつあるのではないでしょうか?

 

もちろんamazonギフト券は詐欺グループばかりが換金しているわけではありませんが、今後何らかの法整備が施行されることは間違いありません。