有効期限が10年間に延長されたアマゾンギフト券

アマゾンギフト券の有効期限

 

これまでアマゾンギフト券を利用した経験がある方はご存知かと思いますが、ほとんどタイプのアマゾンギフト券には発行から1年間という有効期限がありました。

 

1年間という時間は長いようで意外と短い期間でしかありません。

 

「アマゾンギフト券をもらったがうっかり有効期限が過ぎてしまった」というケースも少なくないでしょう。

 

すべてのタイプのアマゾンギフト券の有効期限が1年間と決まっているわけではなく、コンビニで購入可能なシートタイプは3年間あり法人専用のギフト券は2年間となります。

 

しかしながら一般的に流通しているEメールタイプやカードタイプのアマゾンギフト券の有効期限は1年間となり、すぐに使用しなければ無効となってしまう可能性もあるのです。

 

もし自分が持っていたアマゾンギフト券の有効期限が過ぎてしまっていたら「もう少し長かったら使えたのに」と思うことでしょう。

 

そんな声に応えるべくすべてのタイプのアマゾンギフト券の有効期限が10年間に統一されました。

 

これは2017年4月24日以降に発行されたすべてのアマゾンギフト券は10年間の有効期限となっています。

 

アマゾンギフト券を利用している多くの方に朗報といえるでしょう。

 

10年間の有効期限となればうっかり無効となってしまうこともありません。

 

Amazonとしてはギフト券を購入してもらい有効期限が過ぎて無効となればそれだけで利益となります。

 

つまり有効期限を10年に延長するということはAmazonにとって不利となる行為といわざるをいえません。

 

ではなぜAmazonは有効期限を10年に延長する意向となったのでしょうか?

 

有効期限が10年間に延長した背景とは?

有効期限を延長した理由

 

普通の企業というのは利益を上げ円滑に事業を運営していくことに努めているのではないでしょうか?

 

どこの企業でもそうですがわざわざ不利益を被ることはせず、着実に売り上げを積み重ねて安定した基盤を築いていくものです。

 

Amazonはもともとインターネットで書籍を販売する事業から始まり、現在では日本だけに限らず世界中に拠点を置くオンラインショッピングモールとして多くの方が注目する企業となっています。

 

日本国内でもAmazonは楽天市場やYahooショッピングにも勝る最大級の総合オンラインストアとして利用されておりますが、Amazonはネットショッピングの分野に留まることなくさまざまなジャンルに挑戦しているのです。

 

最近ではAmazonがコンビニなどのリアル店舗をオープンしました。

 

このコンビニの特徴というのはこれまでのコンビニの常識を覆すレジで会計をする必要ないスタイルです。

 

そして次にAmazonが参入を目論んでいるのが金融業界となります。

 

この金融業界に参入する布石としてアマゾンギフト券の有効期限を延長したのではないでしょうか?

 

アマゾンギフト券はAmazonサイト内で使用することが可能なお金といっても過言ではありません。

 

そしてAmazonでは生活用品から食料品まで何でも販売されています。

 

つまりアマゾンギフト券を購入することがAmazonに貯金をしているようなものなのです。

 

このアマゾンギフト券の有効期限が1年間しかなければそう考えることはできませんが、10年間の有効期限となれば現実的なのではないでしょうか?

 

ただひとつアマゾンギフト券を買っても銀行のように利子は発生しません。

 

実はこの点にもAmazonは抜け目なく策を講じているのです。

チャージタイプのアマゾンギフト券を購入するとポイントが付与される

 

アマゾンギフト券の有効期限が10年に延長されたのはごく最近のことですが、数ヶ月前にアマゾンギフト券のチャージタイプが発売開始されました。

 

本来、アマゾンギフト券は相手にプレゼントするために購入するものですが、自分自身で使用する人も少なくありません。

 

もちろんカードタイプやEメールタイプを購入しアカウントに登録することも可能ですが、その手続きを簡略化したのがチャージタイプなのです。

 

実はこのチャージタイプのアマゾンギフト券を購入すると他のタイプのギフト券にはないメリットがあります。

 

チャージタイプのアマゾンギフト券の金額に応じてAmazonで使用することができるポイントが付与されるのです。

 

さらにAmazonのプライム会員だと付与されるポイントの割合が高くなります。

 

1回のチャージ金額 通常会員 プライム会員
5,000円~19,999円 0.5% 1.0%
20,000円~39,999円 1.0% 1.5%
40,000円~89,999円 1.5% 2.0%
90,000円以上 2.0% 2.5%

 

アマゾンプライム会員の方が9万円以上のチャージタイプのアマゾンギフト券を購入すると2.5%のアマゾンポイントが付与されることになるのです。

 

実はこのアマゾンギフト券を購入したポイントが銀行の利子と考えれば、2.5%という数字は非常に魅力的な数字ではないでしょうか?

 

現在、高い金利銀行の普通預金の金利は年利0.1%しかありません。

 

つまり1年間100万円を預けていたとしても1,000円にしかならないのです。

 

その点、Amazonで付与される2.5%のポイントは10万円の購入で2,500円となります。

 

考え方にもよりますが普通の銀行にお金を預けるよりもアマゾンギフト券を購入した方が25倍もお得といえるのではないでしょうか。