amazonギフト券は外観から価値の有無を判断できない

amazonギフト券の価値の有無

 

amazonギフト券は身近なコンビニや大手ドラッグストアでも販売されるようになり手軽に購入することができるようになりました。

 

リアル店舗以外にもAmazonサイトやPINCOMといったオンラインでも購入可能なamazonギフト券は幅広いニーズがあるといえるでしょう。

 

amazonギフト券はAmazonサイトで買い物をする際にお金の代わりに支払いに利用することができる商品券となります。

 

そのためもらったamazonギフト券はAmazonのアカウントに登録し買い物をするのが一般的ですが必ずしもそうとは限りません。

 

  • ネットショッピングを利用しない方
  • Amazon以外のショッピングサイトを利用している方
  • インターネット環境がない方
  • amazonギフト券よりも現金が必要な方

といったような理由からAmazonで買い物をすることなくamazonギフト券を現金化するという需要も比例して増加しているのです。

 

では手元にあるamazonギフト券は買取業者で確実に現金化することはできるのでしょうか?

特に問題のないamazonギフト券は換金することができますが、何らかの理由で買取不可能なamazonギフト券も存在します。

 

デパートやクレジットカード会社が発行している商品券やギフトカードは金券ショップで換金することができます。

 

金券ショップでは偽造された商品券ではない限り即座に換金できますが、amazonギフト券はそうではありません。

 

amazonギフト券はどのタイプのものでもギフト番号という英数字の羅列で構成されており、このギフト券番号はAmazonのサーバー上で管理されています。

 

そのため一般的な商品券のように偽造されることは性質上なく、同じギフト券番号が存在することもありません。

 

しかしながらギフト券番号は外観だけでは

  • amazonギフト券の金額
  • 有効期限
  • 使用の可否

といった情報を知ることはできないため、価値を判断することはできません。

 

amazonギフト券のエラーチェック方法

アマゾンギフト券のエラーチェック

 

友人から不要となったカードタイプのamazonギフト券をもらいました。

 

このカードはバリアブルカードのようで金額の記載はありません。

 

そしてカードタイプには有効期限もなく、ギフト券番号のみしかないカードです。

 

ではこのギフト券番号しかわからないカードタイプのギフト券を換金することは可能なのでしょうか?

amazonギフト券はアカウント内でエラーチェックをすることができ、そこである程度の判断ができます。

 

Amazonのアカウントでエラーチェックをする方法ですが、2段階に分けられるのです。

 

①.金額を確認

Amazonアカウントの「Amazonギフト券」の項目からギフト券番号を入力するページへと進みます。

 

空欄にギフト券番号を入力しグレーの「金額を確認」というボタンをクリックします。

 

ここで表示される内容によってギフト券の情報を確認することができるのです。

 

ではどのような内容が表示されるのかといいますと、金額が表示されれば問題のないギフト券番号といえるでしょう。

 

それ以外には

  • 別のアカウントに登録済みのギフト券番号です
  • このギフト券番号は無効です。
  • このギフト券番号はロックされています。

 

といった内容が表示された場合には使用することができないギフト券番号ということがわかります。

 

しかしながら金額が表示されたギフト券番号でも使用できないケースも存在するのです。

 

それはこの「金額を確認」では確かめることはできず、次の「アカウントに登録する」でしか判断できません。

 

②.アカウントに登録する

上記のエラーチェック方法で金額が表示されれば基本的に問題のないギフト券番号といえますが、ごく稀に使用できないケースもあるのです。

 

それを確認するためには「アカウントに登録する」というボタンをクリックすることで確認することは可能ですが、amazonギフト券はアカウントに登録されることになるため売ることは不可能となります。

 

ではどのようなケースで金額が表示されたのにも関わらず使用不可能なギフト券番号なのかといいますと

  • 有効期限が経過してしまったギフト券番号
  • ギフト券が再送され使用できない状態のギフト券番号

といったケースが確認されています。

 

金額を確認ではギフト券番号の金額を確認することはできますが、有効期限については判断することができません。

 

最近ではamazonギフト券の有効期限が10年に延長されたため有効期限切れはまずありませんが、それ以前は1年間の有効期限だったため古いギフト券の場合には有効期限が過ぎている可能性もあります。

 

もう一つはEメールタイプのamazonギフト券に限られますが、誤った相手のメールアドレスにamazonギフト券を送ってしまった場合などにamazonギフト券を送り直すことができます。

 

当然ながら先に送られたギフト券は使用できなくなりますが、その場合でも金額が表示されます。

 

しかしアカウントに登録すると「ギフト券番号はロックされています」と表示され登録することはできません。

最終的にはカスタマーサポートで確認するのが確実

カスタマーサポートでの確認

 

amazonギフト券はすべてamazon内のサーバーで管理されており、売ることのできない無効の状態のギフト券というのも今後、増えることも考えられます。

 

近年ではamazonギフト券を悪用した特殊詐欺も年々増加傾向にあり、それを阻止するために即座にロックされるようになったのではないでしょうか?

 

正直なところアカウントでのエラーチェックする方法というのも100%確実な方法ではありません

 

詐欺の被害品となるamazonギフト券をアカウントに登録した場合にはアカウントの残高でも保留となり、使用不可能となります。

 

つまりどの状態であれば確実に使用可能なamazonギフト券なのかを判断することはできないのです。

 

したがって最終的なamazonギフト券の確認方法としてはAmazonのカスタマーサポートに連絡することになります。

 

カスタマーサポートではギフト券番号から有効期限や金額だけではなく、ロックの解除やどのような状態かを確認することができるのです。

 

したがって購入したamazonギフト券が使用できなかったり換金できない場合にはカスタマーサポートに確認するのが最適といえるでしょう。