携帯キャリア決済で購入し現金化されているデジタルコード

コンビニで販売されているカードタイプのデジタルコード

 

コンビニや大型家電量販店では色とりどりのカードタイプのデジタルコードが店頭で販売されているのを見かけることがあるのではないでしょうか?

 

ここ数年ではこのカードタイプのデジタルコードがアダルトサイトなどの架空請求詐欺に悪用されるようになり、注意喚起が促されています。

 

コンビニで並んでいるカードタイプのamazonギフト券やiTunesギフトカードは原則的に現金払いでしか購入することはできません。

 

したがってクレジットカードのショッピング枠現金化や携帯キャリア決済現金化に利用することはできませんが、このオンラインで購入することが可能なデジタルコードが近年の現金化の定番となっているのです。

 

現在でもクレジットカードのショッピング枠現金化としてAmazonサイトで販売されているEメールタイプのamazonギフト券がクレジットカードで購入され買取業者によって現金化されています。

 

携帯キャリア決済現金化でも以前はamazonギフト券によって現金化されていましたが、現在は携帯決済によって直接amazonギフト券を購入することができなくなっているため各キャリアのオンラインショップで購入することができるiTunesギフトカードなどのデジタルコードによって代用されていました。

 

したがって最近の携帯決済現金化はamazonギフト券からiTunesギフトカードにシフトしつつありましたが、ついに今の携帯決済現金化を規制するべく大手携帯キャリアが動き始めたのです。

 

そんな携帯キャリア決済現金化排除となる携帯キャリアオンラインショップでのデジタルコードが販売中止となりました。

 

これまではAmazonサイトやPINCOMで携帯決済によって購入することができたamazonギフト券は「現金化目的」を規制され2017年に販売中止となり、現在でも再開の見込みはありません。

 

そのためamazonギフト券のように携帯決済で簡単に購入することができ換金可能なiTunesギフトカードが主流となりましたが、ついにデジタルコードを販売する携帯キャリア各社が揃って販売中止となりました。

 

ではこの携帯キャリア決済現金化業界を震撼させるiTunesギフトやGoogle Playギフトの販売中止について検証していきたいと思います。

 

大手携帯キャリア3社がiTunesギフトなどのデジタルコード販売中止

 

クレジットカードを持つことができない方でも簡単にお金を工面することができる携帯キャリア決済の現金化の利用者数は増加傾向にあることは間違いありません。

 

そもそも携帯キャリア決済は後払いで買い物ができるクレジットカードのようなサービスですが、利用者が支払いが滞ることによって携帯電話の契約が強制解約となってしまう「借金」といえるでしょう。

 

一昔前には携帯料金が未納のため電話が繋がらないということはよくありましたが、スマホがマストアイテムとなる今の時代に携帯電話料金を支払えないのは致命的です。

 

この現在の需給バランスによって携帯キャリア決済の現金化は存続していましたが

  • 携帯キャリア決済現金化ユーザーの増加
  • 現金化による料金未納及び強制解約

といったケースが増えつつあり、これまで保たれていたバランスが崩れ始めてきたように思われます。

 

そしてついに大手携帯キャリアによる本格的な「携帯キャリア決済現金化の撲滅」という行動をとったのではないでしょうか?

 

①.ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

【App Store & iTunes ギフトカード等の販売について】
2019年2月3日(土曜)午後3時3分より、「App Store & iTunes ギフトカード」、「Apple Music ギフトカード」の販売を一時停止させていただきます。
※再開時期については未定となっております。
ご不便をお掛けして申し訳ございませんが、何卒ご了承のほど宜しくお願いいたします。

 

②.ソフトバンクオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

2019年2月6日(火)午後8時00分より、「App Store & iTunes ギフトカード」、「Apple Music ギフトカード」の販売を一時停止させていただきます。
※再開時期については未定となっております。
お客さまにはご不便をお掛けして申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。

 

③.auオンラインショップ

auオンラインショップ

2019年2月7日(水)午後12時00分より

  • 「App Store & iTunes ギフトカード」
  • 「Apple Music ギフトカード」
  • 「Google Play™ ギフトコード」
  • 「ニンテンドープリペイド番号」
  • 「プレイステーション ストアチケット」

の販売を一時停止させていただきます。
※再開時期については未定となっております。
ご不便をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。

iTunesギフトなどでの携帯決済現金化はできなくなった

iTunesでの携帯決済現金化はできない

 

もっともシンプルな携帯キャリア決済の現金化方法として各キャリアのオンラインショップで販売されているiTunesギフトカードをキャリア決済によって購入し買取業者で換金する方法でした。

 

そのためキャリア決済の利用枠が使用可能になる毎月1日になれば多くの携帯決済現金化ユーザーがキャリアのオンラインショップでiTunesギフトコードを購入していたのではないでしょうか?

 

ところが今回の全ての携帯キャリアでiTunesギフトなどのデジタルコードが販売中止になったことにより携帯決済現金化の方法が潰されたことになります。

 

おそらくこの影響によって携帯決済現金化ユーザーの多くは資金ショートに陥り、携帯電話料金を支払えない方もでてくるでしょう。

 

したがって携帯キャリア側としても現金化による資金繰りを止めることによって、ある一定の顧客を失うことを覚悟の上で正常化したのです。

 

しかしながらiTunesギフトなどのデジタルコードの販売中止によって完全に携帯決済現金化ができないわけではありません

 

実はiTunesギフトでの現金化以外にも携帯キャリア決済を現金化する方法はあるのです。

キャリア決済でチャージ可能なプリペイドカードでの現金化

バンドルカードでの携帯決済現金化

 

今回の携帯キャリアによる全てのデジタルコードを販売中止にするという動きの本気度はかなりのものといえるでしょう。

 

しかしながらキャリア決済という後払いのサービス自体がなくなったわけではありません。

 

確かにキャリアでiTunesギフトを購入する現金化方法というのはもっとも手軽に利用することができる現金化方法でした。

 

それが現在ではできなくなってしまった以上、多少の手間がかかっても別の方法で現金化は行われていくことは間違いありません。

 

では今の段階でも携帯キャリア決済を利用しお金に換える方法はどのような方法なのかといいますと、VISAのプリペイドカードとして利用できる「バンドルカード」というスマホアプリがあることをご存知でしょうか?

 

バンドルカードはiPhone及びAndroidのスマートフォンで使用することができるアプリです。

 

 

このバンドルカードのアプリをスマホにインストールすればすぐにプリペイドカードとして使用することができます。

 

そしてバンドルカードのチャージ方法には

  • ドコモケータイ払い
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • ワイモバイルまとめて支払い

といった携帯決済でのチャージが可能なのです。

 

つまり携帯決済でバンドルカードにチャージすることによってamazonギフト券を購入することができ、現金化することができるのです。

 

2019年2月現在ではauかんたん決済ではチャージすることはできません

 

もちろんバンドルカードだけではなく携帯キャリアの発行するプリペイドカードでもamazonギフト券の購入は可能ですが発行までに時間がかかり、人によっては発行できないケースもあります。

 

そのため誰でも簡単に携帯決済でamazonギフト券を購入することができ効率的に現金化できるバンドルカードが今後は注目されることは間違いありません。