クレジットカードでしか購入することのできないEメールタイプのamazonギフト券

amazonギフト券が届かない理由

 

消費者金融や銀行カードローンといったお金を借りる方法はありますが、何らかの事情によってお金を借りることができない方がすぐに資金調達をできる方法として「クレジットカードのショッピング枠現金化」は利用されています。

 

基本的にクレジットカード現金化の方法というのは換金性の高い商品をクレジットカードで購入し転売することによってショッピング枠が現金化されるのです。

 

一昔前はブランド品のバッグや電化製品をクレジットカードで購入する現金化方法が主流でしたが、最近ではamazonギフトもクレジットカード現金化目的で購入される商品の定番となりつつあります。

 

ではなぜamazonギフト券によってクレジットカード現金化が行われているのかといいますと、

  • 現金化目的で購入されているEメールタイプはクレジットカードでしか購入することができない
  • メールで届いたamazonギフト券を転送するだけで換金することが可能
  • 一般的な商品券と同じように換金性が高い

といったクレジットカード現金化するために適した特徴がamazonギフト券にはあるのです。

 

そのためいくつかのクレジットカード現金化サイトでは利用者にamazonギフト券を購入してもらい買い取る現金化方法を行っており、自分で購入したamazonギフト券を換金するための買取業者があります。

 

ではそんな現金化目的となるクレジットカードでのamazonギフト券購入は問題なく行えるのでしょうか?

 

クレジットカードで購入したamazonギフト券が送られてこない

アマゾンギフト券が届かない理由

 

amazonギフト券は国内最大の総合オンラインストアとなるAmazonサイトで買い物ができるギフト券として多くの方が利用しているのではないでしょうか?

 

ギフト券としての本来の目的となるプレゼントとしてだけではなく、自分自身で使用するために適したチャージタイプのものあり、一般的な商品券よりも多くの利用価値があります。

 

そんなEメールタイプのamazonギフト券はクレジットカードでしか購入することができないため、たとえ換金性の高いギフト券でも現金化目的で購入されているとクレジットカード会社は判断することはできません。

 

ただ最近になりクレジットカードで購入したamazonギフト券がすぐに送られてこないというケースが相次いでいるのです。

 

ではどういった理由からすぐに送信されるはずのamazonギフト券のEメールタイプが送られてこないのでしょうか?

 

今回、実際にクレジットカードでEメールタイプのギフト券を購入しすぐにメールが届かなかったためAmazonのカスタマーサポートに問い合わせてみました。

 

するとメールによる返信があり

 

Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。

 

このたびは、ご注文いただきましたAmazonギフト券の送信にお時間がかかっておりますことを、心からお詫び申し上げます。

 

当サイトでは、クレジットカードにてご注文いただく際には、必ずご利用のクレジットカード会社にご登録されている請求先情報を、請求先住所の欄に記載するようお願いしております。今回のご注文の内容につきまして、指定された請求先情報が、クレジットカード会社にご登録の情報と一致するかどうか、確認することができませんでした。

 

そのため、お手数ですが、ご利用のクレジットカード発行会社へご登録の下記の情報を記載の上、このEメールに直接ご返信くださいますようお願いいたします。なお、日本国外の情報をご登録されている場合には、アルファベット表記でご連絡いただきますようお願いいたします。

 

  • クレジットカード会社に登録されているご住所
  • クレジットカードに記載されているアルファベット表記の名義人様のお名前
  • 自宅のお電話番号
  • 携帯電話のお電話番号

 

また、ご注文の処理につきましては、できるだけ早く行うよう努めますが、ご登録のクレジットカードの種類によりましては、ご注文の処理が完了するまでにご注文いただいてから1週間程度のお時間がかかる場合がございます。そのため、もしご注文のキャンセルをご希望の場合には、「キャンセル希望」の旨をご記載の上、このEメールに直接ご返信ください。

 

(※注意)

  1. 1. 恐れ入りますが、ご注文の処理が完了するまでは、処理を迅速かつ正確に行う関係上、アカウントを一時保留状態とさせていただく場合がございます。一時保留状態の場合には、保留状態が解除されるまではアカウントにアクセスすることができませんので、ご注文情報の変更などがございましたら、ご用件をお書き添えの上、このEメールに直接ご返信くださいますようお願いいたします。
  2.  

     

  3. もし、保留状態の際に新しく商品のご注文をされたい場合でも、新しくアカウントを作成してご注文いただく等の行為は行わないようにお願いいたします。もし新しくアカウントを作成されますと、Amazonギフト券のご注文処理が大幅に遅れる場合がございますので、ご協力くださいますようお願いいたします。
  4.  

  5. ご自身に心あたりが無いケースでも、詐欺業者がギフト券番号を不正に送付させている可能性がありますのでご注意ください。典型的にはニセ副業サイトのポイント購入や初期費用 (ブログなどに広告を出している巧妙な詐欺業者も確認されています)、会員制サイトの会費未払い、懸賞の当選受取に費用が必要などの手口が存在します。ニセ副業サイトは、メールで相談に乗った相手から「多額の現金を渡す」と持ちかけられる手口で、「ニセ副業サイト」等でネット検索いただくと、具体的な詐欺手口やサイト名の情報が得られる場合があります。
  6.  

  7. Amazonギフト券細則では、法律で要求されている範囲を除き、ギフト券を再販売その他対価をもって譲渡すること、換金することまたは他のアカウントで 使用することは禁止されております。上記に背きギフト券が不正に譲渡された場合、当サイトでは一切責任は負いかねますことをご了承ください。また、 Amazonギフト券細則に抵触するとみなされた場合には、ご注文をキャンセルさせていただく場合がございますのでご了承ください。

なお、Amazonギフト券の細則につきましては、下記のURLをクリックしてご覧ください。

 

 

http://www.amazon.co.jp/b?node=2351652051#gift-cards-terms-and-conditions

 

といった内容でした。

 

つまりAmazonのアカウントに登録しているクレジットカードの情報とクレジットカードを発行した際の登録情報が一致しない場合にはamazonギフト券の購入が認められない場合があるのです。

 

たとえば

  • 10年以上前に発行したクレジットカードのためその後引越しをしている
  • 自宅の電話番号でクレジットカードを作ったがアカウントには携帯電話の番号を入力した
  • 複数のクレジットカードを所有しておりカード名義を間違ってしまった

といったクレジットカード所有者本人による利用であっても決済が認められないことも少なくありません。

クレジットカード会社側が決済を制限することも

クレジットカード会社による制限

 

確かにクレジットカードを発行した際の情報とAmazonのアカウントに登録した情報が異なれば本当にクレジットカード名義人本人が利用しているかを疑われるのは当然といえるでしょう。
しかしこの登録したクレジットカード情報の一致を判断するのはAmazonであり、特にamazonギフト券の購入に限ったことではありません。

 

つまりAmazonのアカウントで新しく追加したクレジットカードでよくあるケースといえるでしょう。

 

このAmazonによるクレジットカード情報の確認以外にも実はギフト券のメールが送られてこないケースもあるのです。

 

それはクレジットカード会社による換金性の高いギフト券購入に対する制限となります。

 

確かにamazonギフト券のEメールタイプはクレジットカードでしか購入することができませんが、近年では特殊詐欺などでも利用される現金化することが可能な商品です。

 

したがって特に高額のamazonギフト券の購入ではクレジットカード名義人本人による利用かを一度確認してからの決済となります。

 

つまり本人確認ができるまではクレジットカード会社によって決済が制限されるためギフト券のメールが届かないのです。

 

もしクレジットカードでamazonギフト券を購入しギフト券が届かなかった場合には

  1. Amazonのカスタマーサポートに連絡し事情を聞く
  2. Amazonが問題なければクレジットカード会社に問い合わせてみる

といった手順によって購入することが可能になるでしょう。