Amazonのアカウントの登録済みのamazonギフト券は換金できない?

チャージ済みのamazonギフト券は換金できない

 

最近では一般的な商品券やギフトカードに代わってamazonギフト券やiTunesギフトといったデジタルギフトが活用されるようになったのではないでしょうか?

 

誕生日やお祝いといったプレゼントだけではなく、企業が実施するキャンペーンや特典としてもamazonギフト券が多く利用されています。

 

これまでの商品券や図書カードと比較するとデジタルギフトはメールで送付することができるという特徴があるため、郵送するための送料はかからず瞬時に相手のメールアドレスにギフト券を贈ることができるのです。

 

そんなamazonギフト券やiTunesコードといったデジタルコードを換金することができる買取サイトは数多くあり、デジタルコードが記載されたメールを送ることによって現金化されています。

 

この買取業者が換金しているamazonギフト券というのはさまざまなタイプがありますが、共通してAmazonのアカウントには登録される前の状態のギフト券番号です。

 

反対に一度、amazonのアカウントに登録されたギフト券番号というのはそのアカウント内での買い物にしか使用することはできません。

 

したがって登録済みのギフト券番号は他のアカウントでは使用不可能ということから買取業者のほとんどが換金できない状態のギフト券となります。

 

ただ一部のamazonギフト券買取業者ではギフト券がチャージされたAmazonのアカウントの買取を行っているところもありますが、過去の購入履歴などは完全削除することはできないためある程度の個人情報は流出することになるでしょう。

 

しかしながらそんなAmazonのアカウントに登録されたギフト券をアカウントの買取ではなくamazonギフト券のチャージ残高のみを換金することができる買取サイトが存在するのです。

 

登録済みamazonギフト券の換金ができる『買取ボブ』

買取ボブなら登録済みギフト券も換金可能

 

amazonギフト券の使い方としてはギフト券番号をアカウントに登録して買い物の支払いに使用することができます。

 

したがってamazonギフト券はアカウントに登録するのが一般的となりますが、一度アカウントに登録されたギフト券というのは他のアカウントには登録することはできないため売買することはできません。

 

amazonギフト券買取サイトでは登録される前の状態のギフト券を換金することはできますが、登録済みギフト券は取り扱っていないのですが唯一買取ボブでは新たにアカウントに登録されたギフト券の買取サービスを開始したのです。

 

 

いくつかのamazonギフト券買取業者ではギフト券がチャージされたアカウントの買取を行っているところもあります。

 

Amazonのアカウントは

  • メールアドレス
  • パスワード

だけでログインすることができます。

 

アカウントの買取の場合、このログイン情報を買取業者に伝えギフト券の残高が確認できればログイン情報が変更され買取代金が送金されることになるのです。

 

ただこのアカウントの買取では過去に購入した商品の配送先などの個人情報が残ることになり、そのアカウントは使用することはできなくなります。

 

したがって登録済みのギフト券を換金したいと思ってもアカウントの買取に抵抗がある方は少なくないでしょう。

 

その点、買取ボブの登録済みのamazonギフト券買取サービスはアカウントの買取ではなく、アカウント内のギフト券のチャージ残高のみの買取となりログイン情報は必要なくその後もアカウントを使用することはできます。

 

ではこの買取ボブの登録済みギフト券の買取とは一体どのようなサービスなのでしょうか?

買取ボブが開始した登録済みamazonギフト券の買取サービス

amazonギフト券買取ボブ

 

買取ボブは2019年現在、もっとも利用者数の多い大手のamazonギフト券買取サイトということは間違いありません。

 

そんな買取ボブが他の買取業者では取り扱っていないアカウントに登録済みのamazonギフト券の買取を開始しました。

 

もちろん通常のamazonギフト券の買取とは異なる登録済みギフト券の買取ですがその詳細について解説していきます。

 

登録済みamazonギフト券買取サービスのメリット

まずこの買取ボブが開始したアカウント内のギフト券残高を換金することができるメリットについてですが、他のamazonギフト券買取サイトでは行っていない買取ボブだけのサービスとなります。

 

ではどうのような方がこのアカウントに登録済みのギフト券を換金するのかといいますと

  • 誤って「amazonギフト券を登録する」のボタンをクリックしてしまった
  • 考えていたよりも高額のギフト券をチャージしてしまった
  • Eメールタイプとチャージタイプのギフト券を間違えて買ってしまった
  • もらったギフト券で買い物したが余っている

 

といったニーズがあるからです。

 

このアカウント内にあるギフト券残高だけを換金できるのは買取ボブだけであり、その需要は少なくないでしょう。

登録済みamazonギフト券買取サービスのデメリット

Amazonのアカウントの売買と比較するとアカウント内のギフト券残高を換金できるサービスはメリットは多くありますが、通常のamazonギフト券の換金と比較すると劣る部分も少なくありません。

 

ではEメールタイプなど通常のamazonギフト券の換金と登録済みギフト券の換金を比較していきます。

 

実際に商品が届いてからの買取となるため時間がかかる

この買取ボブ独自の登録済みギフト券の換金はAmazonで商品を購入し買取ボブの住所に送り換金するという内容になります。

 

したがってAmazonで購入した商品が買取ボブに到着後の買取代金の送金となるため即日現金化できるわけではありません。

 

購入する商品の内容にもよりますが、早くても3日程度の時間は必要となります。

 

アカウント内のすべての残高を換金できるわけではない

たとえばアカウントに5万円分のギフト券残高があり買取ボブで換金するとします。

 

5万円の商品があればすべての残高を換金することができますが、商品の価格が47,000円のものしかなければ残る3,000円は換金することはできません。

 

この登録済みギフト券の買取はあくまでもAmazonで購入した商品の買取となるため商品の価格によってはおつりが残ることになるのです。