インターネット上で売買されているamazonギフト券

売買されるamazonギフト券

 

街中にある金券ショップでコンサートのチケットや新幹線の回数券が売買されているのと同じように、インターネット上では様々なデジタルギフトや電子マネーが買取・販売されています。

 

このインターネット上で売買取引されているギフト券のなかでもっとも流通量が多いのがAmazonで買い物ができるamazonギフト券なのです。

 

なぜamazonギフト券が多く取引されるのかといいますと、国内では最大の総合オンラインストアでもありその利用者数も相当な数となります。

 

つまり「少しでも安くamazonギフト券を買いたい」という需要があり、それに対する「amazonギフト券を高く換金したい」という供給によって成り立っているのです。

 

そのためキャンペーンの特典やプレゼントでもらったamazonギフト券の換金だけに限らず、自分自身で購入したamazonギフト券を現金化することも少なくありません。

 

ではこの売買されているamazonギフト券というのはどのような状態で取引されているかご存知でしょうか?

 

実は一般的な商品券とは違い、amazonギフト券にはいくつかの状態というのがあります。

 

  • 現在、登録することが可能な有効なギフト券
  • Amazonによってロックされているギフト券
  • 有効期限が過ぎてしまったギフト券
  • アカウントに登録済みのギフト券

などがあり売買市場などで取引されているのはアカウントに登録される前の有効なギフト券のみです。

 

ロックされたギフト券や有効期限切れのギフト券は使用することはできません。

 

ではアカウントに登録されているamazonギフト券は換金することは可能なのでしょうか?

 

amazonギフト券の性質として一度アカウントに登録されたamazonギフト券は他のアカウントで使用することはできません。

 

そしてamazonギフト券を使用して新たにamazonギフト券の購入もできないため一般的な買取業者ではアカウントにチャージされている状態のギフト券は取り扱っていないところが少なくないのです。

 

ではアカウントに登録されている状態のamazonギフト券は換金することはできないのでしょうか?

 

自分でアカウント内にあるamazonギフト券を換金する方法

登録済みのアマゾンギフト券

 

amazonギフト券にはいくつかのタイプがありますが、そのなかで「チャージタイプ」というギフト券があります。

 

チャージタイプはその名の通り購入すれば即座にアカウントにチャージされるタイプのギフト券であり、自分自身のアカウントで買い物をするためのamazonギフト券といえるでしょう。

 

amazonギフト券は購入した後にキャンセルすることはできません

 

したがってチャージタイプのamazonギフト券を購入した場合、必ずアカウント内で買い物をするしかできないことになります。

 

一般的に売買取引されるamazonギフト券はEメールタイプが使用されていますが、換金する目的でamazonギフト券を購入する際に誤ってチャージタイプを選択してしまうこともなくはありません。

 

もちろんそれだけではなくEメールタイプを購入したが操作を誤り「アカウントに登録する」というボタンを押してしまうこともあるでしょう。

 

そういったケースによってamazonギフト券が自分のアカウントに登録されてしまいました。

 

このアカウントにチャージされてしまったamazonギフト券はどのように現金化することができるのでしょうか?

 

もっともシンプルな答えはチャージされたamazonギフト券で買い物をし換金する方法です。

 

Amazonでは1億点を超える商品が販売されており、その中で換金性の高い商品を購入すれば現金化することは難しいことではありません。

 

では実際にどのような商品をamazonギフト券で購入し現金化するのかといいますと

  • 電子マネー
  • ビール券
  • ゲーム機類

 

といった商品が有効といえるでしょう。

 

ところがAmazonで販売されている換金性の高い商品は売買市場と比較すると高い価格設定となっています。

 

そして電子マネーやビール券は通常購入できる定価よりも高い価格となっているため、現金化するために重要となる換金率は低くなってしまうのです。

 

実際にどのくらいの換金率になるのかといいますと、使用するamazonギフト券の金額に対して70%程度となってしまいます。

 

したがってAmazonで買い物をし現金化する方法はよほどの知識がない限り効率的ではない方法といえるでしょう。

実はアカウントに登録されたギフト券を換金可能な業者もある

実はアカウントに登録されたギフト券を換金可能な業者もある

 

なぜアカウントの登録されたamazonギフト券を買取業者では換金することができないのかといいますと、大半のamazonギフト券買取業者は顧客から買い受けたamazonギフト券を金券ショップと同じように再販売することによって利益を生んでいます。

 

アカウントに登録されているamazonギフト券は他のアカウントに移動することはできず、アカウントでの買い物でしか使用することはできません。

 

したがって再販売のできない登録済みのamazonギフト券は買い取ることができないのです。

 

ただすべての買取業者が登録済みのギフト券を取り扱っていないわけではありません。

 

実はamazonギフト券の買取業者によってはamazonギフト券が登録されているアカウントを買取しているところもあるのです。

 

つまりアカウントに登録されているamazonギフト券を換金することも可能ということになります。

 

ただ一点、注意しなければならないことがあります。

 

アカウントの買取というのはAmazonのアカウントの売買となり、換金してしまうとまた別のアカウントを作らなければAmazonでの買い物はできません。

 

そしてこれまで使用していたAmazonのアカウント内の購入履歴などは削除することができないため個人情報が漏洩してしまう可能性があるのです。

 

そのため誰もがアカウントの売買を受け入れられるわけではありませんが、Amazonのアカウントにチャージされたamazonギフト券の換金も可能となります。