使えないamazonギフト券が存在する理由

使えないamazonギフト券が存在する理由

 

コンビニや大手ドラッグストアなど様々な店舗で販売されるようになったamazonギフト券ですが、自分自身で購入する以外にもプレゼントやキャンペーンなどでもらえる機会も増えているのではないでしょうか?

 

一般的な商品券やビール券の場合、いただいたものであれば使えなかったり金券ショップで換金できなかったりすることはないでしょう。

 

その点、Amazonギフト券はカードタイプやシートタイプだけではなく、形のないメールタイプのものもあります。

 

amazonギフト券の使い方はどのタイプのギフト券であっても必ず記載されているギフト券番号をアカウントに登録することによって、Amazonでの買い物の支払いに利用できるようになるのです。

 

では友人から譲り受けた不要なamazonギフト券がありそれをアカウントに登録しようとしたところ、できませんでした。なぜこのamazonギフト券は登録できないのでしょうか?

amazonギフト券はカードやシートがあるからといって必ず使用できるものとは限りません。さまざまな理由からギフト券が使用できないケースもあるのです。

 

当然ながら購入してすぐのamazonギフト券がアカウントにすることができないということはまずありません。

 

つまり何らかの要因によってamazonギフト券が登録することができない状態となるのです。

 

ではamazonギフト券が登録できないケースをいくつかのパターンに分けて解説していきます。

 

支払いされていないカードタイプのAmazonギフト券

支払いされていないカードタイプのAmazonギフト券

 

店頭でもっともよく目にするのがAmazonの「a」のロゴが大きく書かれているカードタイプのギフト券なのではないでしょうか。

 

コンビニやディスカウントストアへ買い物に行くとその他の電子マネーと共に並べられている光景を目にします。

 

この店頭で販売されているカードタイプのamazonギフト券が使用することができないケースがあるのですが、どのような理由からカードタイプのギフト券が使用できないのでしょうか?

 

カードタイプのギフト券には必ずギフト券番号の部分は銀色のスクラッチで隠されており、それを削らなければギフト番号を見ることはできません。

 

したがってスクラッチが削られていないカードタイプのギフト券は未使用のものといえるでしょう。

 

しかしながら未使用の状態のカードタイプであっても使用できないケースがあるのです。

 

これは一体どういうことなのかといいますと、銀色のスクラッチが削られていないということはそのカードのギフト券番号は誰も見ることができません。

 

つまり他のアカウントに既に登録されていることは考えにくいでしょう。

 

実はカードタイプのギフト券はレジで支払いを行うことによって使用可能な状態になる特徴があるのです。

 

したがって店頭で並べられている時点のamazonギフトカードはまだ価値がありません。

 

これはお金に等しい価値のある電子ギフトが万引きされることを防止するための「POSA」というシステムがカードに組み込まれているためです。

 

このPOSAというシステムはレジでバーコードを読み取ることによって使用可能となるものであり、レジで支払いを済ませていないカードには利用価値はありません。

 

そのためコンビニで売っているカードタイプのギフト券が万引きされたとしても損害はほとんどないのです。

 

金券ショップで未使用のカードタイプのamazonギフト券を換金できない理由というのもこのPOSAというシステムがあるからといえるでしょう。

別のアカウントに登録されたamazonギフト券

登録済みのamazonギフト券

 

amazonギフト券がアカウントに登録することができないもっとも多い理由となるのが、すでに他のアカウントに登録されているギフト券です。

 

ギフト券番号は一度アカウントに登録すると、他のアカウントに登録し直すことや再発行することはできません。

 

したがって登録済みのamazonギフト券は再度使用できることはないのです。

 

一度アカウントに登録されたギフト番号は2回目以降からは「すでに他のアカウントに登録済みのギフト券です」と表示されます。

 

そのためもしもらったamazonギフト券が登録済みだった場合は購入者が誤って自身のアカウントに登録してしまった可能性もありますので確認するようにしましょう。