amazonギフト券買取サイトのタイプ

amazonギフト券買取サイトのタイプ

 

餅は餅屋というようにどんなサービスや商売でもその業務に特化した専門店を利用する方が、効率もよく知識も優れているのでよりよいサービスを受けることができます。

 

例えば自動車の車検の場合、その車を販売しているディーラーに車検をお願いすれば専門家が隅々まできっちりと整備してくれます。

 

反対にガソリンスタンドなどで行っている格安の車検の場合では価格を重視しているため車検が通るラインギリギリまでの整備となります。

 

このようにどちらも車検に関した業務を行っているのですが重点を置く部分が異なっていますので利用者にあった方を選択することができます。

 

amazonギフト券買取サイトのタイプを分類

では、電子マネーなどのギフト券買取サイトはどのように分類することができるのでしょうか。

 

現存する買取サイトを取り扱う商品や方法によって4つのタイプに分類しました。

 

①.amazonギフト券やその他の電子マネーの買取

amazonギフト券買取のルーツといえば仮想通貨の売買を業務とするRMTとされておりますが、今では金券ショップなどの多業種からの参入も多く見られます。

 

そういった買取サイトの場合、amazonギフト券だけを取り扱うということはなく、様々な種類の電子マネーや商品券などの金券類を買取及び販売するサイトとなります。

 

このようなサイトの特徴として多くの商品を扱うため様々な客層からのニーズがあります。

 

②.amazonギフト券買取専門店

現在のamazonギフト券の買取を行うお店としてもっとも多くの数が存在するのが全てのamazonギフトの買取を行うサイトです。

 

amazonギフト券というのは他の電子マネーに比べ、流通量は多く価格も安定しています。

 

その理由としてamazonギフト券というのは他の電子マネーよりも購入することのできる商品が多く幅広いニーズがあります。

 

この安定感がamazonギフト券がもっとも現金に近い電子マネーという理由となりamazonギフト券買取専門店の市場が大きくなっています。

 

③.amazonギフトEメールタイプ買取専門店

amazonギフト券買取市場の勢いが増す中、その主要とされる商品はEメールタイプのギフト券なのです。

 

このEメールタイプのギフト券の買取の特化している買取専門店というのも少なくありません。

 

一つの商品だけにターゲットを絞り込むことにより、時間のロスや作業の効率が格段に上がるため人件費も抑えることが可能となります。

 

その分をコストパフォーマンスに還元することも可能なのでクレジットカード現金化として利用する場合はEメールタイプ買取専門店が有効といえます。

 

④.電子マネーのオークションサイト

他の電子マネーやamazonギフト券買取サイトとは異なり、オークション形式で電子マネーの個人間売買を仲介するタイプのサイト。

 

基本的に登録料や月会費などは必要なく、電子マネーを出品し、買い手に販売した場合のみシステム使用料が買取代金から差し引かれることになります。

 

現在、ヤフーなどの大手のオークションサイトで商品券などの金券類を出品する際の手数料は5.4%ですが、電子マネーのオークションサイトの場合2.5%~3.5%なのでコストを抑えてギフト券の販売をできるサイトなのです。

 

まとめ

amazonギフト券の買取を業務とするサイトはこのように分類されユーザーのニーズによって最適な買取サイトのタイプは異なってきます。

  • 様々な種類の商品券や電子マネーの換金 amazonギフト券やその他の電子マネーの買取タイプ
  • 印刷タイプやカードタイプの電子マネーの換金 amazonギフト券買取専門店
  • クレジットカードのショッピング枠現金化 Eメール買取専門店
  • 多くの電子マネーの売買 オークションサイトタイプ

 

amazonギフト券買取比較.com | TOPへもどる↑