最終更新日 2017/1/28

アマゾンギフト券買取の起源について

アマゾンギフト券買取のルーツ

これまで商品券やギフトカードなどを換金するためには金券ショップやチケットショップなどに金券類を持って行き、その時の買い取り相場にて換金するという方法が定番でした。このような方法というのは手元に換金性の高い商品券などはありますが、現金化したい時によく利用される方法として誰もが行っていたことです。特に違法性や危険性などがあるという認識はなく、ごく自然な資金調達方法とされていました。

 

今から10年程前から新しい資金調達方法としてクレジットカードで買い物をして、その商品を現金化するという方法がメジャー化し、一時は社会問題のように取りざたされた時がありました。この方法や手元に商品券などがなくても、金券ショップで高価買取できる商品をクレジットカードで購入し換金するという方法でした。これはどこのクレジットカード会社でも共通して会員規約に違反する行為として規制されるようになり、現在では衰退しつつあります。

 

その代わりとして市場を急速に広めつつあるのがアマゾンギフト券を中心とした電子マネーや仮想通貨の買い取り専門サイトなのです。3年程前にはまだ3社程度しかありませんでしたが今では100社近くのアマゾンギフト券買取サイトが現存すると推測されます。ではこのアマゾンギフト券買取サイトの起源はどんな業種のサービスからはじまったのでしょうか。

 

電子マネー売買のパイオニア

アマゾンギフト券というのは百貨店などが発行している商品券のようにも思えますが、実際にはアマゾンサイト内で利用することができる仮想通貨なのです。一般的な商品券とは異なりギフトカードでもコードが記載されているだけのカード自体には全く価値のない仮想通貨です。このような仮想通貨を主軸の商品として売買しているのはRMT(リアルマネートレーディング)と呼ばれるオンラインゲームなどのアイテムや貨幣の売買を行っているサイトです。バーチャルな通貨を実際の現金として取引していたRMTがアマゾンギフト券買取の先駆者とされています。

 

今でもRMTの業務を行いながらアマゾンギフト券などの電子マネーの買い取りを業務として行っているサイトは少なくありません。しかし圧倒的にアマゾンギフト券買取専門店が増えRMTによる電子マネーの売買は影を潜めたようにも感じられます。日本ではまだRMTに関する法律がないため違法性かを判断する基準がなくグレーな印象は否めません。しかしアマゾンギフト券買取サイトというのは古物営業法の許可があれば金券ショップのインターネット型としてクリーンなイメージで営業できるためその差は大きくあります。

 

多業種によるアマゾンギフト券買取

アマゾンギフト券買取のパイオニアはRMTとされておりますが、現在では様々な業種から、この電子マネー買い取り業界へと参入しています。

  • 金券ショップ・質屋
  • クレジットカードのショッピング枠現金化
  • トレーディングカード売買

元々の業種の特徴がそれぞれあり、分類することはできますが中には悪質な業者も少なくありませんのでアマゾンギフト券買取比較.comを参考に安全に利用できる優良店で換金するのがBESTです。


このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

ギフト券買取のタイプを比較
アマゾンギフト券買取サイトはいくつかの種類に分類されそのタイプを比較
電子マネー売買に関する法律
アマゾンギフト券などの電子マネーや仮想通貨を売買に関する法律や規制
資金調達方法になるギフト券買い取り
お金が必要な時にアマゾンギフト券を換金することにより資金調達のための方法にもなる
amazonギフト売買のリスク
普通の商品券のように販売・買取が行われているアマゾンギフト券ですがそこにはリスクが潜んでいます
同一運営によるグループサイト
アマゾンギフト券買取サイトでも複数のサイトを運営しているグループがあります。
Amazonは大黒屋では売れない
Amazonギフト券買取は大黒屋では売れません。Amazonギフト券は大黒屋であっても買取ることができないギフト券です。
カードタイプを買取できる店舗
amazonギフト券のカードタイプの買取ができるお店を紹介します。amazonギフト券のカードタイプを買取してくれるお店は数少ないです。
有効期限を延長して転売
amazonギフト券の有効期限を延長して転売することができます。使用期間が過ぎてしまう前に延長し買取ってもらいましょう。
オンラインによる金券類の買取・換金
金券を換金するには金券ショップで売買できますが、オンラインによる金券類の買取もできるようになりました。